마신황제 강림! 2020년에는 어떤 로봇이 상품화 될까?  로봇 완구


반다이의 HG 프라모델 마징카이저는
부품 유용과 사이즈에 불만은 있어도
전체적으로는 괜찮은 퀄리티 입니다.


다른 메이커를 통해서 추억의 로봇들이,


차례를 기다리며 부활하고 있습니다.


로봇계 고대 유물인 철인 28호도……
새로운 해석으로 부활할 수 없을까?

「敵に渡すな大事なリモコン」が
鉄人の本質というコンセプト。

「正太郎、リモコンだ!リモコンを決してお前の敵に渡してはならない!」
「どこにあろうと誰の手にあろうと、リモコンは観察し、リモコンは学習し、鉄人とネットワークを介して、常に自己を更新し続ける」
「鉄人はリモコンの運動端末に過ぎない」
「何度打ち倒し、何度破壊しても、リモコンは鉄人を無限に再生する」
「ありふれた素材、ありふれた設備、どこにでもある小さな町の工場に忍び、ありふれた部品で、誰もその正体を知らぬまま鉄人は造られる」
「そして鉄人が真に強大な敵に斃される時、リモコンは次の新しい鉄人を企てる」
「より強く、より速く、何者にも打倒されない新しい鉄人。より高く、より深く、どこにでも到達する新しい鉄人。あらゆるものを踏み越える次の鉄人を」
「故に正太郎、リモコンを決して敵の手に渡してはならない!」

덧글

  • sssp1966 2019/11/03 11:46 # 삭제 답글

    이제 마징카이저도 차기 슈로대에 나온다면 저모습으로 나오려나???
댓글 입력 영역