록맨 제로 세계관 연표 GAME 자료


록맨 제로 시리즈의 연표 ↑
출처 : 록맨 제로 오피셜 컴플리트 웍스


↓ 록맨 엑스에서 제로에 이르기까지의 연표
출처 : 록맨 제로 컬렉션


【 200年以上前 】(20XX年?)
◇ エックス誕生
 宇宙から飛来した未知のコンピュータウィルスによりロボットが暴走・凶暴化するという事件が発生した頃、Dr.ライトは未来の地球を案じ戦闘用のロボット「エックス」を完成させる。ウィルスに感染したロボットとの戦闘を想定しているため、万全のウィルス対策を施された。同時に幾つもの強力な兵装(アーマー)が生み出されたが、それはエックスが人間の脅威となる可能性を示している。Dr.ライトはエックスの思考プログラムの安全性を確認するため、解析カプセルにエックスを収め他界した。

【 1XX年前 】(20XX年?)
◇ ゼロ誕生
 世界征服を企むDr.ワイリーによりゼロが製造されるが、思考プログラムの欠陥により凶暴、かつ命令に従わない性格のため、Dr.ワイリー自身がゼロをカプセルに封印する。

【 1XX年前 】(21XX年?)
◇ エックス発見
 Dr.ケインにより、100年間地中に埋もれていたエックスが発見される。

◇ レプリロイドの誕生
 Dr.ケインによるエックスの研究が進み、それを元により高度なロボット「レプリロイド」が誕生する。

◇ Σウィルス発生
 過去に猛威を振るったコンピュータウィルスの亜種が発生し、局地的にロボットの暴走が始まる。人間政府はこのウィルスに感染したレプリロイドをイレギュラーと認定し、処分する事を決定する。原因は100年以上前に流行した未知のコンピュータウィルスが、ゼロの眠るカプセルから流出した為であった。後に、そのウィルスのキャリアであり、人間政府に対して反乱を起したレプリロイド「シグマ」から名を取り、Σウィルスと命名される。

◇ イレギュラーハンター部隊結成
 イレギュラーの処分を推し進める人間政府は、レプリロイドによるイレギュラーの駆除を決定し、イレギュラーハンター部隊を結成する。皮肉にも、初代イレギュラーハンターのリーダーはシグマであった。

◇ ゼロ起動
 カプセルからゼロが目覚め暴れているとの情報が入り、イレギュラーハンターのシグマは現場に急行する。シグマはそこで、ゼロのカプセルから漏れ出した未知のコンピュータウィルスに感染するが、同時に、シグマとの戦いで装甲を破壊されたゼロもウィルスに感染してしまう。
それによりゼロは性格が反転しイレギュラーハンターとして活躍する事となった。

◇ イレギュラー戦争開戦
 未知のコンピュータウィルスに感染したシグマがイレギュラーを煽動し、人間政府に対して反乱を起す。人間を襲うイレギュラーと、人間を守るイレギュラーハンターとの戦いが始まる。

◇ コロニー「ユーラシア」の落下
 シグマの指示の元、レプリロイドの傭兵ダイナモが旧型のコロニー「ユーラシア」を地上に落下させる。人間政府はイレギュラーの危険性を再認識するとともに、イレギュラーの根絶を目標に掲げる。汚染区域となった落着地点はエリア・ゼロと呼ばれ、以後100年間、立ち入り禁止区画となった。

◇ ナイトメア事件
 Σウィルスの亜種として注目を集めたナイトメアウィルスが世界中に蔓延する「ナイトメア事件」が発生する。根源はΣウィルスのキャリアであるゼロが、ハンターとして世界各地で活動する際、周囲に伝染させていた事が判明した。それを受け人間政府はゼロの封印を決定するが、実際にはΣウィルス研究分野の科学者達の手により、思考プログラムとボディを別々の研究対象として分断した。

◇ マザーエルフ誕生
 当時のレプリロイド研究者(Dr.シエルの曾祖母)が、ゼロの思考プログラムを解析しΣウィルス抗体を開発。Σウィルスを書き換え/消去するプログラム生命体、マザーエルフを完成させる。以後、Σウィルス研究分野の科学者が中心になりサイバーエルフの研究が開始される。

◇ イレギュラー戦争から妖精戦争へ
 エックスがマザーエルフを行使することにより、イレギュラーが激減したこの時期をイレギュラー戦争終戦と定義する歴史家も多い。実際には戦火が絶えることは無く、後に、イレギュラー戦争後期を指して妖精戦争と呼ぶようになる。

◇ プロジェクト・エルピスの提唱
 人間のサイバーエルフ科学者の一部から、マザーエルフのプログラム書き換え能力を使ったレプリロイドの完全支配オペレーション「プロジェクト・エルピス」が提唱される。エックスはこれに反対するが、長く続く戦争の恐怖からレプリロイド完全管理の指示が出始める。エックスをはじめとする「共存派」と、人間政府を中心とした「支配派」との対立が始まる。

덧글

댓글 입력 영역