우라사와 나오키 × 테즈카 오사무『플루토 PLUTO』실사영화로!? 영화 MOVIE 소식

테즈카 오사무『철완아톰』의 에피소드 하나「지상최강의 로봇」편을 우라사와 나오키가
재해석하고 리메이크한 SF작품『PLUTO』가 헐리우드에서 실사영화로 제작결정!!

후타바 게시판에서 가져온 기사의 본문↓

浦沢直樹×手塚治虫「PLUTO」がハリウッドで実写CG映画化決定!
手塚治虫「鉄腕アトム」のエピソードのひとつを浦沢直樹がアレンジした、人気SFアクション漫画「PLUTO」をハリウッドのCGアニメーションのエキスパートであるイルミネーション・エンターテインメントが実写CGで映画化すると手塚プロダクションとイルミネーション・エンターテインメントが発表した。
またクリエイターで手塚治虫の子息である手塚眞がエグゼクティブ・プロデューサーを務める。なお、公開時期や監督、ボイスキャストなどの詳細についてはまだ明らかになっていない。

イルミネーション・エンターテインメントは大手ユニバーサル・スタジオと総合的契約をしている会社で、最新作では映画『怪盗グルーの月泥棒 3D』を手掛けており、過去には映画『アイス・エイジ』『アイス・エイジ2』『ロボッツ』『ホートン ふしぎな世界のダレダーレ』『ザ・シンプソンズMOVIE』など良質のアニメーションを輩出。現在『ジ・アダムス・ファミリー / THE ADDAMS FAMILY』(原題)の新たなストップ・モーション版の開発をティム・バートン監督と開発中という先進的なプロダクション・スタジオだ。

덧글

  • 히무라 2010/10/21 19:31 # 답글

    어떤느낌으로 실사화가 될련지...
  • SEPHIROTH 2010/10/24 19:07 # 삭제 답글

    실사화 전문 작가로군요
댓글 입력 영역